BURARI SAGA

ローカル線でのんびり旅

特集BURARI旅NEWS

佐賀の有明海沿岸には
行きたくなるスポットがたくさん!

by Saga Prefecture

鉄道で気軽に行ける佐賀県の有明海沿岸エリア。
近年は日本酒が注目され、話題の飲食店や観光スポットも多い注目エリアです。

ローカル線でちょっとそこまで、都会の喧騒から離れ、
のどかな長崎本線で、
定番からちょっとディープな佐賀を体感してみませんか?

article-1

旅のスタートは長崎本線の肥前山口駅。

江北町にある焼き菓子とサンドウィッチの店
「AOGU BAKE&SAND(アオグ ベイクアンドサンド)」
腹ごしらえを。

もともと家具屋だったという古民家を改装して今年3 月にオープンしたこちらのお店。 ほんわかした笑顔が人をホッとさせる店主の岸川浩子さんが一人で切り盛りしています。

article-1 塩こうじチキンと野菜のサンドとパウンドケーキ

店に入ると、
店主手作りのサンドウィッチとスコーンやクッキー、
パウンドケーキなどの焼き菓子がずらり。
食欲をそそる良い匂いにつられて、ついついたくさん買ってしまいそうです。

article-1 店内奥のイートインスペースでは田園風景が窓いっぱいに広がります

article-1

article-1 焼き菓子も種類豊富にそろいます

看板メニューは焼きナスにピーマン、きゅうりなど、野菜がたっぷり入った
「塩こうじチキンと野菜のサンド」。
店内奥にはイートインがあり、
窓いっぱいに広がる田園風景を眺めながら食事ができます。

article-1 パウンドケーキも人気です

article-1 元家具屋の古民家を改装してオープン

ここに店を構えたのは「この田園風景が決め手となりました」と岸川さん。
のんびりおしゃべりしながら、緑が広がる景色を眺める。
たまにはそんなふうに時間を過ごすのも良いですね。

AOGU BAKE&SAND

article-1 「癒される景色に合う、サンドウィッチと焼き菓子を用意してお待ちしております」と岸川さん

続いて、白石町にあるパワースポット「縫ノ池」へ。
佐賀県が選定する「22 世紀に残す佐賀県遺産」にも選ばれている、
800 年以上の歴史がある池です。

article-1 時間を気にせず、水面に映る景色を眺めて過ごして

古くから弁財天が祀られており、地域の人は「弁天様」「弁財天」と呼び、
地区の守り神として信仰されています。

2001 年に約40 年ぶりに湧き水が復活。
地域の人々が湧き水を汲み訪れるなど、地域に愛されている観光スポットです。

article-1

article-1

縫ノ池

  • 住所杵島郡白石町大字湯崎2463-1
  • TEL白石町農村整備課
    0952-84-7122
article-1 冷たい湧き水「金妙水」は飲んでもOK

次は白石町にある精肉店「TOMMY BEEF」へ。

実は畜産農家が手がける、カフェを併設した精肉店で、
昨年11 月29 日(良い肉の日!)にオープンしました。

article-1

黒毛和種と乳用種のミックスで、有明海のミネラル豊富な牧草を食べてすくすく育った
白石町の地域ブランド牛「しろいし牛」はもちろん、自社ブランド牛「白富牛」などを販売
しています。

好みのサイズ、量で購入でき、地域住民にも愛されているお店です。

article-1 精肉店とは思えないオシャレな外観

カフェスペースでは、ボリューム満点の「白富牛バーガー」や
「しろいし牛プレミアムチーズバーガー」などのランチが楽しめます。
天気が良い日はテイクアウトもオススメ。
店の外のテラス席で食べても気持ちよさそうです。

article-1 白富牛バーガー。付け合わせは
白石町産野菜をふんだんに使っています

article-1

article-1 好みの量でカットして提供します。1 枚売りのハンバーグも

TOMMY BEEF

article-1 店内では自家製スパイスやマスタードなども販売。
リピーター続出だそう

次は、鉄道に揺られて肥前浜駅へ。
ピンク色がキュートでレトロな駅舎はSNS 映えも期待できます。

article-1 肥前浜駅

ここでレンタル自転車を借りて酒蔵通りを巡るのもおススメです。

article-1

article-1


次は旅の思い出にとっておき体験を。
鹿島市の肥前浜宿の酒蔵通りにある、手作りのキャンドルをそろえる
雑貨店「蝋燭*ART またたび」では、
初心者でも手軽にキャンドル作りが楽しめます。

ろうそく作家Yua candle(ユアキャンドル)として活動する浦由紀さんが、
鹿島市の街並みを気に入って移住して開いたお店です。

article-1 キャンドルの販売もしています

店名の「またたび」とは、「また旅先で会いましょう」の意味だそうで、
名付けた後に「またんたび(またね~)」という佐賀の方言があることを知ったとか。
「不思議な縁を感じています」と浦さん。
元かまぼこ屋だったという古民家を、廃材を使って自ら改装したそうで、
故郷に帰ったような懐かしさを感じる内装に仕上がっています。

article-1 キャンドル作りを体験。水風船の周りに、ろうを何度も付けていきます

鹿島市に長く滞在してほしい」とキャンドル作りの体験プランを考案したという浦さん。
丁寧にサポートしながら指導してくれるので、
小さなお子さんでも安心してキャンドル作りが楽しめますよ。

article-1 完成した器に好きな色を溶かしたろうを流し込み…

article-1 完成!!ろうが完全に固まるまで、冷蔵庫で保管してくれます

手作りのキャンドルを販売しているほか、店内ではアルコールやおつまみも用意。
道中、休憩したいとき、ちょっと一杯したいときに寄るのもオススメです

article-1

article-1 店内ではアルコールやドリンクも楽しめます

蝋燭*ART またたび

  • 住所佐賀県鹿島市浜町乙2716
  • TEL0954-68-0900
  • 営業時間11:00 ~ 19:00
    (冬季は18:0 まで)
  • 定休日火曜・水曜・木曜
  • URLhttp://www.yuacandle.com/
article-1

まだまだ酒蔵通りを散策します。
次は「そばダイニング龍庵(りゅうあん)」でそばはいかがですか?

こちらもレトロな雰囲気が落ち着く、古民家を改装した作りで、
店内では店主が手打ちした十割そばが味わえます。

article-1 酒蔵通りにある「そばダイニング龍庵」

article-1

article-1 店主が手打ちの十割そばです

まずはやっぱりシンプルなもりそばを注文!
ツルツルとのどごしが良く、日本酒にも合います。食後はもちろん、そば湯を味わって。

article-1 のどごしがよく、佐賀自慢の日本酒との相性も抜群

article-1 食後にはそばプリンを

食後にはぜひ、そばプリンを味わって。
しっかりとそばの風味が感じられて、ほどよい甘さがまた食べたくなるおいしさです。

そばダイニング龍庵

article-1 広々とした店内で落ち着きます

忘れてはいけないのが日本酒。

肥前浜宿の酒蔵通りには、日本酒の試飲ができるスポットもあります。
海外からの観光客も訪れる観光酒造肥前屋へ。
日本酒や焼酎など種類豊富にそろっており、試飲して気に入ったお酒はぜひお土産に。
酒蔵見学もできるので、訪れた際にはぜひチェックを。

article-1 肥前浜宿の酒蔵通り

article-1 日本酒好きはぜひ訪れたい場所

article-1

article-1 好きなだけ、飲み比べできます!

article-1

観光酒造肥前屋

  • 住所佐賀県鹿島市浜町乙2761-2
  • TEL0954-63-2468
  • 営業時間9:30 ~ 17:00
  • 定休日年末年始など
  • URLhttps://hizennya.co.jp/
article-1 好みの日本酒をお土産に

続いて、ほろ酔いで下車したのは肥前七浦駅

article-1 木造のレトロな駅舎の肥前七浦駅

昭和を舞台にした映画の世界に飛び込んだようなたたずまいの木造の駅舎内には、
駅を利用する住民や観光客が一言ずつ書いたと思われるメッセージが満載のノートが一冊。
なんてことない手書きのメッセージに
SNS が主流の現代に忘れかけていた手書きの温かさを感じます。

article-1 ちょっとした一言であふれるノート。
どれもホッとするような温かいメッセージばかり

article-1

article-1

article-1

肥前七浦駅からちょっと足をのばすと、
「海道しるべ」という産業活性化施設があります。

article-1 産業活性化施設「海道しるべ」

地元の農林水産物を広く知ってもらうため、産業の活性化を目的にした施設です。
地元の特産物を生かして、地場企業と海道しるべが共同開発した食品や調味料などを販売し
ています。

article-1 絶景も楽しめます

article-1

article-1 地場企業と海道しるべが共同開発した商品が購入できます

article-1

海道しるべ

  • 住所佐賀県鹿島市大字音成甲1896 番地1
  • TEL産業支援課
    0954-63-3411
  • 営業時間9:00 ~ 17:00
  • 定休日月曜(祝日の場合は翌日休館)
article-1

続いて、多良方面へ向かう途中にぜひ寄りたいのが「道の駅太良」

article-1 ぜひ寄りたい「道の駅太良」

特産品販売所「たらふく館」には新鮮野菜のほか、
竹崎かにや竹崎カキなど獲れたての海鮮、
秋頃からは「太良みかん」の試食がずらりと並ぶなど、
地元の食材が一堂に集まります。
菓子などの定番みやげや地場企業による商品などもそろいます。

article-1

article-1

中でも注目したいのは、
太良町の地場企業「シャルキュティエ田嶋」の無添加のハム・ソーセージ。
と畜後、およそ6 時間以内のまだ温かい豚肉を使うため、結着剤を使わずに
完全無添加のソーセージが作れる「温屠体製法(おんとたいせいほう)」を採用しています。
そのため、子どもから大人まで安心して食べられると、ギフトでも人気を集めています。

article-1 「シャルキュティエ田嶋」の無添加のハム・ソーセージも

また、10 月下旬~ 2 月上旬に開催される「生ハム塾」(有料・予約制)に参加すれば、
あなただけの「本格 ハモンセラーノ(長期熟成生ハム)」をつくることができます。

article-1

article-1 新鮮野菜や海鮮などがそろいます

道の駅太良

  • 住所佐賀県藤津郡太良町大字伊福甲3488 番地2
  • TELたらふく館
    0954-67-9117
  • 営業時間9:00 ~ 18:00
  • 定休日年末年始
  • URLhttps://www.tarafukukan.com
article-1

列車に揺られてほろ酔いで下車したのは多良駅。
旅の最後はSNS でも話題のスポット、大魚神社の海中鳥居へ。

article-1 SNS 映えも期待大!

有明海に浮かぶ海中鳥居は、満ち潮と引き潮で表情が変わる神秘的な場所です。
海に真っ赤な鳥居が映える満潮時、
歩いて楽しめる干潮時、
それぞれ見どころがあります。

article-1 引き潮時にはぜひ降りて歩いてみて

article-1 満潮時は神秘的な雰囲気に染まります


のんびり過ごすローカル線の旅。
佐賀県の有明海沿岸エリアは、隠れた名スポットが実はたくさんあるんです。
気軽にちょっとそこまで。
次の休みはぜひ深~い佐賀を味わってみては。

▲ page top