BURARI SAGA

ローカル線でのんびり旅

特集BURARI旅NEWS

唐津線・筑肥線で巡る
“佐賀旅”はいかが?

by Saga Prefecture

ローカル線での~んびり、ちょい旅してみませんか?
唐津線・筑肥線沿線には、佐賀の魅力がいっぱい。
佐賀グルメに街中アート、絶景まで、佐賀のすみずみまで楽しめる、
こんな“佐賀旅” を提案します。

article-1

唐津駅でまず訪れたのは、
ざる豆腐発祥の店と言われている「川島豆腐店」

創業200 年以上となる老舗豆腐店です。
豆腐作りに合う九州産の大豆「ふくゆたか」を使って早朝から仕込んだ、
店主自慢のざる豆腐が味わえます。

article-1 早朝から仕込むというざる豆腐

朝は8 時・10 時、昼は12 時・14 時、夜は17 時30 分からという予約制なので、ぜひ好きな時間にご予約を。

出来たての朝はムース状にふんわり、10 時~ 12 時ごろは締まった食感など、
時間帯によって、豆腐の味わいが違うのだとか。
常連ともなると、豆腐の好みの食感が楽しめる時間に合わせて予約するのが通です。

article-1

article-1 唐津駅から徒歩2 分

朝は、コースでいただける焼き魚付きの豆腐料理が楽しめ、
なんと厚揚げや豆腐はおかわり自由。
ヨコシマサワラの西京焼き、ゴマ豆腐、うずみ豆腐など、
時間を忘れてコース料理を味わってみて。

article-1 まずは豆腐そのものの味を生かして
塩でシンプルにいただきます

article-1 まずは、豆乳から。多種多様な豆腐料理に舌鼓

article-1 ごま豆腐

article-1 ヨコシマサワラの西京焼き

川島豆腐店

article-1 コースで順にいただく、焼き魚付きの豆腐料理

満足の朝食を終えた後は、少し足を延ばして唐津湾に浮かぶ「高島」にある宝当神社へ。

article-1 ぜひ宝くじ持参で訪れたい場所です

平成に入った頃から、クチコミによって宝くじ当選祈願で参拝する人が増え始めたという
宝当神社。
宝くじの当選祈願で訪れる人でにぎわうパワースポットです。

article-1

article-1

宝くじを買ったら、ぜひ持参を。
購入した宝くじを当選発表まで保管しておくための“宝当袋” などの名物みやげも
販売されています。

article-1

article-1 船着き場そばには土産物店も

宝当神社

article-1 唐津城そばの宝当桟橋から出発します

次は、唐津市街や虹ノ松原、唐津湾が一望できる
絶景を堪能しに標高284 メートルの鏡山へ。

article-1 展望台からの景色はじっくり堪能したい

「万葉集」などにも登場する松浦佐用姫の悲恋物語の舞台でもあり、佐用姫が朝鮮半島へ発つ大伴狭手彦(おおとものさでひこ)を想い、 山の頂上から領巾を振ったと言われていることから、「領巾振山(ひれふりやま)」とも呼ばれています。

article-1

article-1 さよ姫茶屋でホッと一息

article-1

article-1 特製あまざけのかき氷「氷あまざけ」はさわやかな味わい

鏡山

  • 住所佐賀県唐津市鏡字大平6052-1
  • TEL唐津市都市計画課 0955-72-9250
article-1

次はちょっと列車に揺られて厳木(きゅうらぎ)駅へ。
標高887 メートルの作礼山の斜面を生かして作られた「環境芸術の森」
ぜひ足を運びたい場所。

article-1 テーブルに反射する木々にうっとり

窓いっぱいに広がる緑豊かな木々たちは、実は造園士の鶴田正明さんが
少しずつ植樹をして作り上げた絶景なのです。
インスタグラムの投稿などから人気に火が付き、国内外から観光客が訪れています。

article-1 作礼山の斜面を生かして作られた環境芸術の森

article-1

散歩コースもありますので、澄んだ空気をおともに緑を感じながら歩いてみては。
自然の一部になったような、そんな特別な時間が過ごせます。

環境芸術の森

  • 住所佐賀県東松浦郡厳木町平之屋敷
  • TEL0955-63-2433
  • 営業時間9:00 ~ 16:00 
  • 入場料大人・高校生 500 円 
    小・中学生 200 円 
    幼児 無料
  • 定休日なし
  • URLhttps://mori-saga.com/
article-1 のんびり散歩も楽しんで

佐賀県多久市は実はアートの街だとご存知でしたか?
多久駅北口の壁面には、木工用ボンドで絵を描くことで知られる
多久市在住の作家・冨永ボンドさんによる作品が描かれているほか、
多久駅周辺の店舗の壁面やシャッターなど計30 カ所に、
カラフルで楽しいアート作品が描かれているんです。

article-1 アートが街に溶け込んでいるよう

営業中でシャッターアートが見られない店もありますが、アートが街に溶け込んだ様子はと
ても自然。住民たちの生活にアートが当たり前に存在する、そんな空間が素敵です。

article-1 ネイマール選手をイメージしたアート作品も。なんと個人宅(!)

article-1 多久駅北口の壁面には、幅5 メートル× 高さ6 メートルの巨大な冨永ボンドさんの作品が

article-1

article-1

article-1 今にも音楽が聞こえてくる!?ジャズバー「BAR ばらーど」の壁面

多久市ウォールアート プロジェクト

article-1 迫力満点のシャッターアートがあちらこちらに

パンの香ばしい匂いに誘われて向かったのは、
多久駅近くにある「SCOL CAFE(スコルカフェ)」
子どもたちが遊べるキッズスペースもあり、子連れ旅でも安心して過ごせます。

article-1 塩パン(手前)が一番人気メニュー

店内では、人気No.1 という塩パンをはじめ、シュガーナッツデニッシュ、
チョコ&クランベリーのスコーンなど店舗で焼き上げる約30 種のパンとスペシャリティー
コーヒーが楽しめます。

article-1 開放感のある店内

article-1 多久市にあるスコルカフェ

article-1 できるだけ早い時間が種類も豊富にそろっているそうです

article-1 温めなおしもできます

article-1 塩パンとアイスの組み合わせが絶妙な「塩パンとアイス」

“人生を楽しむために”をテーマに使い心地が良いものをセレクトした雑貨店も併設。
佐賀県在住の作家によるアクセサリーやアパレルなどがそろいます。
旅先で出会うモノも一期一会。大切にしたくなるお気に入りが見つかりそうです。

article-1 さまざまな商品をそろえる雑貨店も

article-1

SCOL CAFE

article-1

続いては列車に揺られて小城駅へ。
駅前にある、古民家を改装して営む
インテリア雑貨店「room design factory(ルームデザインファクトリー)」
向かいます。

article-1

1960 年代から愛されるプロダクトをこれからも伝え続けようと
2002 年に誕生した家具ブランド「カリモク60」シリーズなどを取り扱っています。
築103 年の古民家をリノベーションしたお店で、
懐かしさを感じる古民家に並ぶインテリアは圧巻で、
ついつい時間を忘れてしまいます。
県内外から確かな商品を求めて多くの方が訪れているそうです。

article-1 古民家を改装して営むルームデザインファクトリー

article-1

大切にしたいと思える買い物をした後は、
隣の洋菓子店「Tem.de Suc(テムデサック)」でおいしいケーキで旅の思い出を
振り返るのもいいかもしれません。


room design factory から徒歩1 分の小城駅

article-1 レトロな駅舎の小城駅

article-1 駅構内にはピアノが

article-1 自由に弾いて楽しめますよ

ルームデザインファクトリー

article-1

旅の締めは、佐賀自慢の日本酒を味わいに佐賀駅へ。 佐賀駅構内に今年6 月にオープンした「SAGABAR(サガバー)」では、
県内の日本酒が立ち飲みで気軽に味わえます。

article-1 気軽に日本酒の立ち飲みが楽しめるSAGABAR

article-1 佐賀駅

article-1

有田焼や唐津焼のおちょこで3 銘柄が飲み比べできるセットが気軽に楽しめると人気。
金額はなんとお手頃な500 円!
おつまみは、佐賀海苔や干しワラスボなどお好みで選んで。

article-1 3 銘柄の飲み比べセット。おつまみで選んだのは、干しワラスボ

佐賀駅という立地も抜群のため、店内は観光客はもちろん、地元の常連客で大にぎわい。
ほろ酔い気分で、旅を締めくくる。
列車で巡るからこそできる“佐賀旅” でした!

article-1 有田焼や唐津焼のおちょこでいただきます

article-1

SAGABAR

  • 住所佐賀市駅前中央1 丁目11 番20 号
  • TEL佐賀県酒造組合
    0952-24-3201
  • 営業時間16:00 ~ 20:00
  • 定休日月曜
article-1

佐賀の知らない魅力が詰まったローカル線の旅。
ぜひ一度は堪能してみて!

▲ page top